JPS 2016年度同期入会会員写真展 resonance(レゾナンス) ―JPS写真家たちの共鳴ー

resonance(レゾナンス) ―JPS写真家たちの共鳴ー
公益社団法人日本写真家協会 JPS2016年度同期入会会員写真展

オリンパスギャラリー東京 期間:2019年11月1日(金)~ 11月6日(水)
午前11:00 〜 午後7:00 木曜休館 入場無料

オリンパスギャラリー大阪 期間:2019年12月6日(金)~ 12月12日(木)
午前10:00 〜 午後6:00 最終日 午後3:00 日曜・祝日休館 入場無料

【写真展案内】
公益社団法人日本写真家協会(JPS)は、写真家の創作活動を奨励し、写真家の職能と地位確立のための活動を行っている、わが国最大のプロフェッショナル写真家団体です。私たちは、このJPS へ2016年に入会したいわゆる同期。その同期の中から24 名の写真家たちが集まりました。今回、私たち2016年JPS メンバーは、あえてテーマを絞らずに、写真家ひとり一人が普段から追及しているテーマや被写体を発表することにしました。なぜならば、同期といえども各々異なる分野で、多種多様な写真を撮り、様々な媒体で仕事をしている私たち。国内でいえば令和という新時代、世界でいえば激動のこの時代に、同期写真家たちの「今の眼」を集め、写真展という場で一つのかたちにしてみたかったからです。
とはいえ、個性の異なる写真家たちが多種多様な作品を引っさげて、一つ所に集めたら、いったいどうなるのか−。私たち自身も興味津々でした。結果、そこから見えてきたもの、聞こえてきたものは、写真家ひとり一人が、伝えたい、表現したいと願う、視覚に訴えてくる声なき「声」でした。写真展タイトルの「resonance」とは、共鳴、共振、反響、余韻などを意味する言葉です。私たちJPS 写真家は、写真を通し、声を大にして、今の時代に問い続けたいと思っています。2016年入会J PS 会員による「resonance」。24名の写真家たちの共鳴を、ぜひともご覧下さい。

出展作品数:約70点

【出展者名】
秋元 貴美子、足立 君江、出澤 達男、井ノ元 浩二、越智 信喜、叶 悠眞、クキモト ノリコ、坂井田 富三、佐藤 憲一、杉本 奈々重、高波 淳、塚原 富幸、中津川 隆康、中西 学、中村 卓哉、西沢 千晶、野口 毅、花井 知之、HARUKI、藤田 修平、水咲 奈々、箭内 博行、横山 聡、渡辺 幹夫




ABOUT US

アバター
sAka(坂井田富三)
1967年 愛知県生まれ 千葉県船橋市在住 写真小売業界で27年勤務したのち独立しフリーランスカメラマンとして活動中。 撮影ジャンルは、スポーツ・ネイチャー・ペット・動物・風景写真を中心に撮影しながら、 カメラ・レンズ、アクセサリーなどの製品レビューなどを執筆。 公益社団法人日本写真家協会会員 日本風景家写真協会会員